コラム|京都市西京区・上桂の動物病院なら【リアンどうぶつ病院】

WEB予約はこちら

075-382-2677

075-382-2677

★:第2・第4日曜日は休診
休診日:木曜・祝日

診療時間
9:30~17:30

コラムColumn

犬・猫の長生きのコツは歯磨き!歯の病気は重病に至るリスクあり

こんにちは。
 
京都市西京区上桂の動物病院「リアンどうぶつ病院」です。
 
 

大切なわんちゃん・ねこちゃんと、できるだけ長く一緒に暮らしたいですよね。
 
わんちゃん・ねこちゃんの平均寿命が、ここ20年で約2倍近くまで延びているというのは、とても嬉しい情報です。
 
そうした長寿のわんちゃん・ねこちゃんの飼い主さんが必ずやっていることのひとつに「歯磨き」があります。
 

これは人間も同じことですが、お口のケアを怠ると、深刻な全身の病気につながる恐れがあるのです。
 
 

歯周病が全身疾患を引き起こすことも

3歳以上のわんちゃん・ねこちゃんのおよそ80%が、歯周病リスクを抱えているといわれています。
 

歯周病になるのは、食べて歯磨きをしないでいると歯垢がたまるからです。そのまま3~4日ほど放置していると硬い歯石に変わって、歯周病菌の温床となります。
 
歯垢や歯石の中で増えた細菌が歯周病が悪化させ、わんちゃん・ねこちゃんの歯がグラグラしてきます。
 

そうして歯が使いものにならなくなると、ごはんを食べられなくなって衰弱します。
 

そして口の中で増えた歯周病菌が血管や気管に入り込んで全身を巡り、心臓・肝臓・腎臓といった重要な器官に悪影響を及ぼします。
 

最悪のケースでは、歯周病が原因で命を落とすことも…。突然、心疾患や脳梗塞といった命を脅かす病気を発症したわんちゃん・ねこちゃんが、実は重度の歯周病であったということは珍しくないのです。
 

わんちゃん・ねこちゃんが病気にかかって苦しむことなく、末永く健康で暮らせるように、飼い主さんがお口のケアを含めた健康管理をしてあげましょう。
 
 

歯のブラッシングを習慣化しよう

歯周病の予防は、歯のブラッシングをして歯垢を取り除くことです。
 
歯磨きを習慣化するために一番いいのは、子犬・子猫の時期から歯磨きに慣れさせる方法です。
 
大きくなってからでも段階を踏めば、歯磨きできるようになります。まずは動物病院で、安全な麻酔処置をした上でスケーリングを受けて蓄積された歯垢や歯石を取り除きましょう。
 
そして毎日、お口を触ることから慣れるようにします。無理強いはしないで、ゆっくり慣らしていきましょう。
 
最初から歯ブラシをつかうのは難しいことが多いので、指に動物用の歯磨き粉(デンタルペースト)をつけて歯の表面をこすって磨くようにします。
 
慣れてきたら歯ブラシに替えますが、すぐにお口に突っ込むのではなく、まずは身体を歯ブラシで撫でるなどしながら歯磨きの道具に慣れてもらいます。
 
 

人間用の歯磨き粉は使用禁止

歯磨きをする時は、人間用の歯磨き粉は使わないでください。
 
歯磨き粉によく含まれている、歯に良いとされる成分キシリトールは、わんちゃんににとってになります。ねこちゃんにもあまりおすすめできません。
 
必ず動物用のペーストを用意してください。
 
歯磨きを毎日続けて、大切なわんちゃん・ねこちゃんを、歯周病のリスクから守ってあげてくださいね。