コラム|京都市西京区・上桂の動物病院なら【リアンどうぶつ病院】

WEB予約はこちら

075-382-2677

075-382-2677

★:第2・第4日曜日は休診
休診日:木曜・祝日

診療時間
9:30~17:30

コラムColumn

猫と犬の視力はどれくらい?どんな世界を見ているの?

こんにちは。
 
京都市西京区上桂の動物病院「リアンどうぶつ病院」です。
 
 

わんちゃん・ねこちゃんと暮らしていると、「この子たちには、世界がどんな風に見えているのかな?」と気になることがありますよね。
 

実はわんちゃんもねこちゃんも、視力は0.1~0.3程度。人間と比べると、あまり視力が良いとはいえません。
 
それなのにボール遊びなどは俊敏に行うから、どんな見え方なのかとても不思議です。
 
ここでは、猫と犬が見ている世界についてお話したいと思います。
 
 

犬と猫が暗闇でも目が効く理由とは?

ねこちゃんは、視力自体はよくありません。けれども、人間の6~7倍の明るさでものを見ることができます。
 
ねこちゃんは暗闇でもよく目が見えますよね。それは、目の中にあるタぺタム層のおかげです。
 
網膜の後ろに、鏡のように光を反射する部位があるのです。さらに瞳孔で光を調節することで、暗いところでも目がよく見えます。
 

わんちゃんも同じ、元々は夜行性の動物。暗闇でも人間の5倍くらい見えるといわれています。
 
 

犬と猫に世界はどんな色に見えている?

色に関しては、わんちゃんもねこちゃんも、青色と黄色の2色しか判別できないといわれています。
 
いずれの色も、青色と黄色、そのグラデーションで判断されます。
 
そのため、赤色と緑色も同じような中間色に見えている可能性が高く、見分けるのが苦手な子が多いようです。
 
緑の芝生の上でボール遊びをする時、赤色のボールを使うのは避けたほうがいいですね。
 
 

視力は悪いけれど”動体視力”は抜群!

わんちゃんは目が離れていて広い視野を持っている分、ピントを合わせるのは苦手。そのため、視界がぼやけているのではといわれています。
 
しかし、動体視力に関しては、わんちゃんもねこちゃんも抜群。おそらく、飼い主さんが投げたボールなどはスローモーションで見えているはずです。
 
つまり、わんちゃんもねこちゃんも、暗闇の中や動いているものを把握する能力は高いのです。視力が悪くても、生き抜くのに必要な見る力は、しっかりと備わっているというわけですね。